-インスタでは愛知県のデートスポットやホテルを紹介中-

【初宝塚】宝塚が全くわからない夫婦で行ってみた!大人カップルにもおすすめ!

スポンサーリンク

女性の花園、宝塚。

一生に一度はいってみたい!ということで、新婚旅行で行ってみました。

宝塚について何も知らない超初心者の私たち夫婦が楽しめたのか?
初めて同士で行ってみた感想を素直にレビューしていきます。

スポンサーリンク

実際、行ってみてどうだった?

宝塚の中は夢の国

まず最初に入って驚いたのは、「お城!?」と思えるくらいの豪華さ。
写真を撮る手が止まりません!

ディ○ニーランドの大人版のような特別感のある室内に背筋が伸びました。

美しい声と演技に釘づけ


(宝塚ホテル内のパネル)

推しがいるわけでも演目に詳しいわけでもなく、不安いっぱいで開演を待っていました。

始まってみたら、あっという間。

美しい歌声と演技、素敵なストーリーに魅了されます。

周りの人に合わせて拍手をしながら、夢中になってしまいました。

ストーリーが良すぎて泣く

初めて見たストーリーでしたが、すごく心に刺さりました。
正直いうと、泣きながら見ました。

普段ミュージカル映画などが苦手な私ですが、楽しんでみることができました。

結果、初心者で何も分からなくても楽しめる!ということがわかりました。

スポンサーリンク

男性も楽しめた?

若干の居心地の悪さもありますが、紳士っぽい見た目の男性もちらほらいたので、そこまで肩身が狭くはありませんでした。

とはいえ、全体的に男性ファンは少なめです。

くま
くま
競馬場の男女差が反対な感じでした!(伝わる…?)
とにかく女性が多いっ!

楽しみ方

上にもたくさん書いたように、初めてで何もわからなくても楽しめるなぁと思いました。

初めて宝塚に行く方のために、今回私が行った初心者なりの宝塚を楽しむコツを一応書いておきます。

宝塚ホテルに宿泊する

今回、私は宝塚超初心者2人での参戦だったので、宿泊するホテルを、宝塚の系列「宝塚ホテル」にしました。

ホテルの中に宝塚のグッズが売られていたり、大きな写真があったり、お部屋で宝塚を楽しめます。

ホテルの中で、宝塚の雰囲気を感じられたので初心者の方は宝塚と宝塚ホテルを両方行ってみても良いんじゃないかな、と思います。

 お得に宝塚ホテルに泊まるならこちら!

宝塚の冊子を購入する

 

今回、前日の夕飯を食べたお好み焼きやさんで、宝塚ファンの店員さんに宝塚のファンブックを頂いちゃいました。

その人曰く「読んだ方が絶対に楽しめるよ!」とのことでした。
ありがたくもらって、読んでからいきました。

どんな人が主役をやるのか、役の名前は?、大方のストーリーなどが書いてありました。
読んでから行ったので楽しめた、というのもあるのかなぁ、と感じます。

もし気になる方は、ファンブックを買ってからみるのもオススメです。

グッズを買ってみる

これは女性的な意見かもしれませんが…

グッズのデザインがめちゃくちゃかわいい!
乙女心をくすぐります。

女の子らしいのですが、大人っぽいので、使いやすい。
思わず買いすぎてしますのもうなづけます。

ホテルのショップも宝塚大劇場のショップもぜひ行ってみて欲しいです。

服装は?

私が事前で調べた時は、普段着でOK!と書かれていたのですが
周りを見た感じ、かっちりした服装の方が多いです。

事前情報と違う!と焦ったのは、言わずもがな

みなさん、襟付きの服やコート、ちょっとおめかしした感じのコーディネートでした。

パーカーで行った私は、ちょっと浮いてなかったかな?と心配になりました。

少しかっちり目の服装で行くことをオススメします。

宝塚を見ていたら、体調不良に…どうする!?

初宝塚にもかかわらず、なんと途中で腹痛に襲われた夫のくまさん。

くま
くま
お腹痛すぎて、焦りました…

どんどん顔色が悪くなるくまさんは講演の途中で、トイレに離脱。

その時、すぐにスタッフさんが「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。

トイレまで案内してくださり、長い時間こもっていると、「体調大丈夫ですか?」と再度声もかけてくださいました。

初めての宝塚なのにまさかの体調不良でさらに青ざめたのですが、優しいスタッフさんの心遣いに救われました。

終わりに

いかがでしたか。

初めての宝塚は、敷居が高く、「初心者の私たちが行っていいの!?」と不安いっぱいでした。

行ってみたら、夢の国!

美しい歌声と演技に瞬く間に虜になりました。

みつ
みつ
また見にいきたいね、って素直に思ったよね。
くま
くま
次はぜひ万全の状態で…!!

同じように宝塚に行ってみたいけど、一歩踏み出せないあなた。

初めての宝塚が不安でいっぱいのあなたに少しでも「初めてでも楽しそう!」と思ってもらえたら幸いです。

国内旅行
スポンサーリンク
くまみつの愛

コメント