スポンサーリンク

はじめまして!カップルブロガーのくまみつです!

ええっ!まさか…!

私たちの自己紹介まで見にきてくださるなんて、
あなたは私たちの相当なファンですね…!?

と、思わずにはいられません。

どうも、こんにちは。
くまみつと申します。

わざわざ、自己紹介まで見にきてくださったそこのあなただけに…!
私たちがどんな2人なのか、こまか~くお伝えしますねっ!

いや、興味ないですーーなんて
つれないことは言わずに、ぜひ最後までみていってください!
いえ、ほんとうに。お願いします(泣)

スポンサーリンク

くまみつについてわかる!Q&Aコーナー

Q.そもそもくまみつってだれ?

A.生まれも育ちも『あいちっ子』の夫婦です。

私たちは、2人とも生まれも育ちも愛知県。

夫の「くま」と妻の「みつ」の2人で
このブログを運営しています。

ちなみに年はくまさんのほうが1個上です。
(聞いてません)

Q.出会いは?

A.私が大学1年生のときですね。

違う大学に通っていたのですが、

インカレサークルで1つ年上のくまさんと、
大学1年生の時に出会った私は、

サークル活動をする中で
頼りになるくまさんのことが
徐々に好きになり、猛アピール!

その努力が報われて(笑)

無事、くまさんから告白していただき、
お付き合いをスタートしました。

Q.違う大学だったのに、長く続いてますねぇ~

A.週3~4日は会ってる、俗にいう重い系カップルだったので(笑)

最近の恋愛って重いかんじが
敬遠される風潮ありますよね…

「会いたい!」って言ったら
「おもっ…」もみたいな(泣)

そんな風潮にアンチテーゼを唱える私たちは
「会いたいときは会おう!」精神がつよくて、

大学が離れていたにもかかわらず、
お互いの実家も電車で1時間以上離れていた
にもかかわらず、

時間があえば、とにかく会っていました。

いま思えば、よくあんなに会っていたなぁ…
と思うほど(笑)

いやでも、会いたいときに会うって最高じゃんか!

みなさん、会いたいときは
ぜひ、会いに行きましょう。

っていうか、重い系ってなんだ。
大好きな気持ちがつよいだけじゃんか~!

Q.なんか最初は、順調じゃなかったみたいですね?

A.そうなんですよね~

今でこそ、結婚しているので笑い話なんですけど、

付き合い始めの頃は、とてもカップルといえないくらいひどかったと思います。

というのも、当時のくまさんは、大学1年ののほほ~んとした私からみたら、
いわゆる「チャラ~い人」だったんです。

付き合う前から「来週、合コン行って~」なんて会話を普通に聞いていたので、

「いやいや、なんで付き合ってくれたんだ?」
「まさか、友達との罰ゲームとかで告白してないだろうな…」

みたいな疑う気持ちが私にはあったんですよ。

いや、彼女として、これはないわぁ…
と、思ったそこのあなた。
大正解だと思います。

いや、ほんと、当時はごめんね、くまさん…(汗)

そんな疑いMAXのわたしに対して、

今までほんとうに人を好きになったことがない、というくまさん。

付き合ってすぐなのに、
「俺たち、すぐ別れるか、ながく付き合えるかどっちかだよな~」
「友だちに別れたほうがいいんじゃね?っていわれた~」

とか平気で言いのけちゃうんですよ。

いや、怖い怖い!不安になりますよ!(笑)

こんな感じで、付き合い始めのスタートは
もちろん、お互い、相手のことは好きだったんですけど、

なんともよくないスタートでした。

Q.そこから、どうやって仲良くなっていったんですか…?

A.とにかく話して、相手をしっていったかんじですね。

お互いに好きなんだけど、相手を信用していなかったというか、

すぐに別れたときの予防線をどこか張っていたんですよね。

それをお互いにどことなく気づいていました。

だからこそ、本当にいろんな話をしたんです。

たとえば、浮気ってどこから浮気だと思う?とか。(笑)
いや、どんなテーマだよっ!!って思っちゃいますよね。

でも、私たちの定番トークでした。

今だから思うんですけど、
付き合ってから、1番大切なことって、とにかく話すことなんですよね。

自分のいいところばっかりじゃなくて、
弱いところも、ダメなところもいかに見せられるか。

もちろん、最初はいいところを見せて、もっともっと好きになってほしい!
という想いが先走ります。

ダメなところを見せたら、嫌われるかも、という不安ももちろんある。

だけど、少しずつ「こういうことが苦手なんだよね…」
「こんなダメなところもあるんだけど…」

と見せていくことで、相手に「わたし」とものを知っていってもらえたんだと思います。

もちろん私も、「チャラい人だ!!」と思っていたけれど、
案外ぶきようなところや、まじめな一面をみていくことで

「あぁ、この人は信用していい人だ」と気づいていきました。

気づけば、一緒にいると、誰よりも気を遣わなくて、
居心地がいい相手になっていました。

なんかいいこと言ってる風ですね…(笑)
恥ずかしくなってきた…

Q.ちなみに、大学生の頃から同棲していたとか…?

A.私が大学4年生の時に同棲をはじめました。

「大学生から同棲!?」

と驚かれることも、反対されることもあったのですが、

結果的には、大学生の頃から同棲できたことが
本当に良かったと思っています。

そんな大学生の頃から同棲をしてよかったと思った理由は
こちらの記事にまとめてあるので、よかったらどうぞ↓

【大学生×社会人カップル】同棲を始めるなら、大学生の今がいい!メリット・デメリット (kumamitsu.com)

きっかけはくまさんが、1年目の初ボーナスが出たときに
「実家を出て、1人暮らししたい!」と思い立ったことです。

当時、私は大学生で、卒論をかき始めるかぁ~というくらいの時。

「1人暮らしをするくらいなら、
2人で住んだ方がお金も安いし、家事も楽になるよ。

なにより絶対たのしい!!」

という話し合いの末、同棲を決意しました。

ちなみに、一番苦労したのは両親の理解を得ること。

「まだ大学生なんだから、実家でいいんじゃない?」
「お金だって、実家にいたほうがたまるんだし。」

と、やはり家にいてもらいたい気持ちがつよそうでした。

そこで私たちは、まずはお泊り会感覚で、
私がくまさんの家に泊まりに行く。

徐々に半同棲にしていって、
気づいたら同棲…くらいを目標に進めていきました。

うまくいった理由の1つに、
くまさんと付き合い始めた頃から、
ちょくちょく私の両親にあっていたこともあるでしょう。

両親も、くまさんがどんな人なのかをよく知っていたので
安心していたんだと思います。

どこの馬の骨かわからないヤツのところに
娘を送り出すのは、難しいとおもうので。

Q.そんな最初の頃から両親に会ってたんですか?!

A.付き合って3か月以内には、お互いの両親にあっていましたね。

「両親に会わせるのはちょっと…」

という人も多いのですが、

私たちの場合はすごく早い段階でお互いの両親に会っていました。

私の場合は、大事な自分の家族に彼を会わせたくて、
会う機会を作りました。

くまさんは、ご両親から会いたい!と言ってくださったので
会いに行ったのが、最初の出会いです。

初めて会うときは、それはそれは緊張したのですが、
何度か会っていくうちに慣れていきます(笑)

同棲生活はどうでしたか?

A.正直、めちゃくちゃ楽しかったですね。

同棲すると、あいての本性がわかって別れる、なんてことも
よく聞くんですけど、

私たちの場合は、同棲をしてケンカをしなくなりました。

同棲ってめちゃくちゃたのしいですよ!

だって、大好きな人と、いつも一緒にいられるんですもん。
最高じゃないですか。

わたしは、同棲おすすめする派です。

ちなみに、楽しく同棲するために
大切だな~と思ったことがまとめてある記事がこちらです。
気になった方はぜひ!!

Q.そのあと、いつ結婚したんですか?

A.わたしが社会人1年目のときですね。

そもそも、付き合ってすぐのころから、

「何歳くらいには子どもほしいんだよね~」
なんて、将来の話をよくしていたので、

とくにきっかけも、意識することもなく、

「あぁ、この人と結婚するんだな」

と気づいたら思っていました。

周りの友達からも、両親からも、

「で、いつ結婚するの?」

なんていわれるほどだったんです(笑)

そんな周りからの言葉もあり

「いつでもいいけど、いつにする?」
「そしたら、社会人1年目で、落ち着いたくらいにかな?」

と、結婚しました。

いや、かるいなぁ!

私たちのなかでは、一緒にいられたらいいなぁ~という想いくらいしかないので
結婚の重みがそこまでないんですよね…(汗)

そんなわたしたちが計画した
お互いの(?)プロポーズ計画がなかなかおもしろいので
よかったら見てください。

こんな夫婦、みたことありません。(笑)

くまさんからみつさんにお返しプロポーズ!
愛知のあの有名ホテルで…?

まさかの!?プロポーズ返し!!!!みつちゃんとの大切な思い出! (kumamitsu.com)

ちなみに今は、新婚生活のはずですが、

なぜかまわりからは、老後の夫婦生活といわれております。

たしかに、老後みたいな生活をしている気がする…

Q.そんな私たちがなぜブログ??

とーーーーっても長くなりましたが…

こんな私たちがなぜブログをはじめたのか。

それは、恋愛の楽しさをもっともっと届けたいと思ったからです。

私たちが、大学生の頃から出会って約4年半。

本当にいろんなことで悩んで、
ときには落ち込んで、悲しんで、おこって、ケンカして…

たくさん話し合って、今の私たちがあります。

その時間が無駄だったとは思いません。

でも、なかには、
「この解決策を知っていたら、
こんなことでけんかしなくてよかったのに。」

「この情報を知っていたら、もっとうまくいったのに。」

ということも山ほどありました。

その時は、悩んで悩んで、Googleで検索しても、いい解決策が全く出てこなかったんです。


私たちのように悩んでいる人がきっとどこかにいるはずだと思いました。

そんな人たちの力になりたい。

それが、私たちがこのブログを運営している思いです。

Q.どんなことをブログで伝えているの?

A.カップルが楽しく仲良くいられる情報です!!

見ての通りなのですが、私たちがブログで伝えているのは
主に4つです。

1.デートスポット情報
2.同棲について
3.プレゼントについて
4.中日ドラゴンズ

1.デートスポット情報

初めてのデートってどこに行ったらいいか悩みませんか?

そして、付き合ってしばらく経つと、
こんどは、デートで行くところがなくて困ります。

私たちは、ほぼ毎週土日は欠かさず会っていたので、
遊びに行くところ不足で困りました。

行くところが決まらず、お互いイライラしてきて
よくケンカをしたものです。

でも、行くところが決まらないのって、
別に、どちらも悪くないですよね。

行きたいと思える場所が載ってないGoogleや雑誌が悪いんです。

だって、よくデートスポット情報!といって、
ごはん屋さんを載せている記事があるじゃないですか。

正直、デートってごはん食べる時間そんなに長くないから!!
それ以外の時間をなにして過ごすかが問題だから!

と言いたくなることありません?

そんな悩みでイライラしてけんかをしないために
愛知県からカップルが楽しめる
おすすめデートスポット情報を発信していきます。

てはじめに、私たちが楽しかったデートスポット情報が
こちらにまとめてあるので、良かったら参考までに…↓

【56選】カップル必見!愛知・名古屋のおすすめデートスポット (kumamitsu.com)

2.同棲について

先ほど、ながながとお話ししたように、
大学生の頃から同棲をしていました。

そして、同棲をしてケンカをしなくなったんです。

でも、一般的には、

「同棲をはじめて、ケンカが絶えない…」
「なんかすごいイライラするんだよね」

という話が多い!

こんなに楽しい同棲なのにもったいない!

私たちが同棲を快適に、いらいらしないで
楽しめているのはなんでかなぁ?という気づいたことを
まとめて記事にしていっています。

ちなみに、同棲のゆる~い日常に興味がある
珍しいあなたは、よかったらTwitterをのぞいてみてください!

3.プレゼントについて

誕生日や記念日が近づいてくるたびに、

「あぁ、今回のプレゼントは何にしよう…」

とイヤうなくらいなやんできました。

「いっそ、プレゼントは現金でいいんじゃないか…」

とまで悩んだのは、私です。

そんな悩みを解決するべく!

くまさんから、男性の意見をききながら、
そして、女性の意見として、恐縮ですが私が!

喜んでもらえるプレゼントをご紹介していきます。

これで、あなたはあのプレゼントどうしよう地獄から解き放たれるのです。

4.中日ドラゴンズ

「え…突然の野球?」

と戸惑いのあなた。

その気持ち、とてもお察しします。

たしかに、カップルに関係なさすぎますよね。

でも、聞いてください。

恋人同士で野球観戦、たのしいんですよ!

わたしもくまさんと付き合う前はイチロー選手しかわからないくらい
野球オンチでした。

でも、野球だいすき少年のくまさんから話を聞くうちに
どんどんおもしろさにはまっていって、

きづけば、よく2人で野球を見ています。

野球や中日ドラゴンズが大好きなあなたにはもちろん、

「彼が野球の話をよくしていて…」

と、ちょっと悩んで(?)いる方に!

ぜひ読んでほしい記事がたくさんあります!

きになったあなたは、ぜひ、のぞいてみてください。

スポンサーリンク

おわりに

こんなに長い文章をここまで読んでくださったあなたに。

もう感謝しかありません。

ほんとうにありがとうございます。

くまみつマイスターを贈呈いたします…!

こんなわたしたちですが、
よかったら、また、時々ブログに遊びにきてください。

きっと、あなたのちからになれるような記事が見つかることでしょう。
(自分でハードル上げちゃった…)

もし、「これが知りたいのに、記事がないじゃないかぁぁあ!」

というかたは、お手数ですが、

コメントやTwitterのリプ、DMをいただけば
できる範囲で、力にならせていただきます。

気軽にコメントください♪

それでは、あなたに楽しい恋愛ライフがあらんことを。

コメント