スポンサーリンク

同棲カップル・新婚さんに提案したい投資という選択肢!

皆さんこんばんは!くまです!

先日、将来のための貯金方法を紹介しました!

【貯金できない人必見】どんなめんどくさがり屋でも貯金が続く3つのコツ~1年で200万以上貯めました~
「貯金しよう!」思ったはずなのに続かない…気づいたら貯金できてない…どうしたら貯金を続けられるの?そんな続かない、めんどくさがり屋な人におすすめしたい貯金を続けるポイントを3つをご紹介します。これであなたもお金が貯まります!

多くの皆さんが、
・将来生まれるであろう子供のため
・憧れの車のため
・いつか買いたいマイホームのため
・老後にも遊べるお金が欲しいため

様々な方法で貯金をしていると思います。

そんな中で、その貯金を投資に回そうというの人は少ないのではないでしょうか。

今日は私たち、くまみつが行っている投資に関して紹介します。

投資って何となく儲かるイメージがあるけどよくわからない…

元本割れするかもしれないから、怖くて始められない…

元手が必要そうだから簡単に始めることができない…

そんなイメージを持っている人にぜひぜひ見てもらいたいです。

スポンサーリンク

投資を行う前に確認したいこと

投資を行う前に確認したいこと…

それは投資にどれだけの金額を回すことができるのかです!

目先で大きな出費がある予定がない場合、
月の出費の2~3倍の現金を保有しているのことがおすすめされています

さらに言えばそれ以上の、現金を保有しておくことは、
無駄である…という考え方もあるようですね!

私たちくまみつは月当たりおよそ、13万円程度の出費がありますので、
現金で40万以上保有している必要はないということですね

ではでは、なぜ現金で保有していることが無駄なのか…
簡単に説明したいと思います!

スポンサーリンク

現金貯金は損!?その気になる理由とは

投資家は、よく現金貯金をしている人間は損しているということを言います。

一見自分のお金が増えているのに損であるわけないでしょ?と思うでしょう。

確かに額面が増えていますが、そのお金の価値は下がっている!というのが最たる理由です。

もう少し詳しく解説します!
皆さんインフレーションという言葉、どこかで聞いたことがあるでしょう。
インフレーション、、物価の上昇は毎年して起こっており、
世界中で年間平均1.02%上昇しているといわれています

毎年1.02の上昇を10年か続ければ、10年後にはモノの値段が約1.22倍になっている計算になるんです!

例としてディズニーランドのチケット価格を見てみましょう

2011年 6200円
2019年 7500円(大人一枚のチケットの価格)

10年満たない期間で、1.21倍チケットの価格が上昇していることを見て取れます。

つまり、お金の価値は日に日に下がっているということですね
現金貯金が損という話何となく理解していただけたでしょうか。

では皆さんが、一番気になるであろう
投資って儲けることができるの?という疑問に関して話していこうと思います。

投資って儲かるの?

上記問いに関していえば、長期的に見れば大体の場合で儲けることが可能

ということが言えると思います。

投資といえば、株のことを真っ先に思い浮かぶ方も多いと思うので、
NYダウ(アメリカの上位30社で構成される株)の平均値で話をさせてください。

1979年 NYダウ842ドル
2019年 NYダウ26500ドル

40年間でなんと31.6倍に上昇しています。

これは年間平均9パーセント上昇していることになるんですね

物価の上昇のペースが年間で約2パーセントですから、
投資はモノを選べば儲けることができるということなんですね。

投資のあれこれ 4選!!!!

積み立てNISA

くまみつがメインで行っている投資手段です。

くまみつは二人で合わせて12万円/月 貯金していますが、
そのうちの半分をNISAを通じて投資しています。

NISAは簡単に言えば非課税で始めることが可能な投資講座です。
一人当たり年間で、40万円までならNISA口座を通じて投資を行うことができます。

二人で年間80万円ペースで投資をしていることになりますね。

株で儲けたお金は儲けた分の20パーセントを納税することが義務になっているので、
これは非常にありがたいですよね

投資を始めるうえで、NISAを通すことは必ずといっていいほどしたほうがいいと思います。

自社株買い

自社株買いとはその名の通り、自社が有している株を買うことです。

自社株は多くの場合、一般の株式購入者よりも有利になります。
くまは毎月3000円自社の株式を購入していますが、
毎月5%上乗せされた3150円分の株式が支給されます。

自分が所属している会社の株式が、自社株買いの制度があるのか確認しましょう。

1株買い

皆さん、株式は100株からではないと始められないという知識がある人
いらっしゃいませんか?

それは確かにあっていますが、1株からでも取引を許可している
証券会社もあります。

ただし100株買わないと株主優待が受けれない場合が多いので
株主優待を目的で、株主を購入したい場合は気を付けましょう。

ETFの購入

ETFとは上場投資信託の略です。

こちらはくまが趣味程度で少し投資している程度で、大した金額も知識もないのですが

テーマごとに株式をパッケージ売りしている投資先だと考えてもらえばいいです。

会社のことはわからないけども、
今後この業界が伸びていきそうだなっと思う業界に投資したい場合は非常にマッチしていると思います。

終わりに

いかがでしたか?

投資はすぐには結果が出ないので、なかなか自分の成果に合わないという人もいるかもしれませんが、
現金のまま銀行口座に保管しておくよりは、平均的に見てお金は増えていくことは間違いありません。

まずは小額からでもいいので始めてみましょう。
証券取引用の口座は解説するのに時間がかかる場合がほとんどです。
時間に割きに銀行口座だけでも開いておくといいのかもしれませんね。)

 

コメント