スポンサーリンク

愛知県ホテルウェディングおすすめ3選 ~実際にブライダルフェアに参加してみた~

誰もが一度は夢に見る、結婚式。
憧れのホテルで挙式をあげる、そんな夢を思い描いている人も少なくないですよね。

そこで今回は、愛知県で有名なホテルのブライダルフェアに実際に参加して、見て、感じたことをまとめながら、それぞれのホテルのメリット・デメリットを紹介していきます。

あなたの結婚式場選びの参考になったら幸いです。

スポンサーリンク

マリオットアソシアホテル名古屋

特徴・おすすめポイント

名古屋駅真上のロケーションと世界有数のホテルブランドのマリオットアソシアホテル。
大切な記念日を託すのにぴったりなサービスと美味しい料理、そして確かな実績があります。

誰もが知っている有名なアソシアホテルはあこがれの場所でもあるでしょう。
私たちも宿泊で利用したことがありますが、正直ほかのホテルとのレベルの差に震えました。
これぞ、愛知No.1のホテル、というサービスや設備、心遣いを感じます。

そんなアソシアホテルは、ウェディングプランでも、他との違いを見せつけられます。
詳しくはメリットでお話ししていきます。

メリット

前日チェックインから始まる2泊3日のホテルステイウエディングができる

結婚式前日、ホテルにチェックインをしたあと、最後の打ち合わせを行います。
その後、優雅にディナーを楽しむ結婚前夜。
もちろん、ホテルの部屋や、サービスは一級品。
結婚式前夜から、特別感を味わうことができます。

翌朝、ホテルの部屋からそのままホテル内のウエディングサロンに移動し、花嫁支度へ。
結婚式当日、花嫁は準備に時間がかかるので早起きをしなければいけなかったり、何かとバタバタするものですが、アソシアホテルならそんな心配はありません。
そして感動の挙式を終えた後は、また、ホテルの部屋に戻り、高揚する気持ちと共に目の前の夜景を最愛の人と楽しみ、眠りにつきます。
そして夫婦としての初めての朝は、ホテルで朝食を取ってはじまる。

結婚式の3日間が思い出に残ることはいうまでもないでしょう。
これぞ、ホテルウェディングのメリットを最大限に活かしたウェディングプランですね。

天候に左右されない2つのチャペル

青空の元で結婚式をあげたい!と思っていても、当日雨が降るかは誰にもわかりません。
そのせいでせっかくの挙式が残念に…となるのは悲しいですよね。

マリオットホテルでは、白を基調とした大理石のチャペルと、エレベーターを降りてすぐのスペースで名古屋駅を一望できるスカイストリートチャペルがあります。

そのため、当日が雨であったとしても、どちらも対応できるようになっています。

和装式も挙げられる

袴と白無垢をきた日本ならではの和装式も素敵ですよね。
マリオットホテルでは、日本文化を重んじ、考え抜かれた和装式をあげられる設備が揃っています。

例えば、マリオットホテルでは、神殿に行くまで鳥居を抜けて、神殿に入りますが、退場するときは出口が分けられています。
これは、入口から戻る、ということが縁起が良くないこととされているため、わざと分けているこだわりがあるそうです。
このほかにも日本文化を継承し、大切にするこだわりが随所に見られます。

デメリット

費用が高い

天下のアソシアホテル。
最上級のサービスをしていただけるため、費用は高めになっています。

もちろん、その分得られるものも多いので、どこを大切にするか、が選ぶポイントになりそうです。

会場内の移動が多い

ホテル内にチャペルや披露宴会場がいくつもあるので、移動距離は多いと感じました。
お話を伺うと、迷子になられる方もいらっしゃる、とのこと。

高齢者の方が多くいらっしゃる挙式では、アソシアの方も配慮してくださいますが、移動が負担になるかもしれません。

【ゼクシィ】結婚式場予約なら

ゼクシィnet

スポンサーリンク

ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋

特徴・おすすめポイント

金山のランドマーク的存在のANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋。
名古屋駅と比べても、周りに高い建物がないことから景色の良さは群を抜いているでしょう。

実際に私たちが宿泊で利用した際も、その景色の良さには感嘆の声が漏れてしまいました。

そして航空会社のANAが運営している、というところも特徴の一つでしょう。
愛知県で5つに入る有名ホテルの1つである、実績をもつ安心感もあります。

メリット

こだわりのチャペル・神殿

ANAホテルにはチャペルと神殿が1つずつありますが、チャペルが特徴的。

こじんまりとはしていますが、水がメインの水のチャペル。
心地よい水音と新郎新婦の後ろで流れる水がとても美しく、挙式を彩ります。
水が基調のチャペルは珍しいので、このチャペルを決めてにする方も少なくないのだとか

セントレアから30分、電車の乗り換えもなし

アクセスの良さは抜群です。

名古屋駅からも1駅、セントレアからも30分で乗り換えなしは、魅力的です。
特に遠方からいらっしゃる参列者の方が多いときは、ANAホテルを選ぶと参列しやすいと思います。

ANAマイルが貯まる

マイルを集めている方、必見です。
なんと、結婚式代でマイルを貯めることができます。
結婚式代は、現金支払いが原則なのでポイントなどを貯めることは極めて難しいです。
しかし、ANAホテルではマイルを貯めることができるため、その後のハネムーンの費用を抑えることも可能です。

ANA株主優待が大きい

新郎新婦どちらかが、株主優待を受けられる会社にお勤めの場合は、披露宴の食事・飲み物代を10%割引してもらえます。

披露宴の食事・飲み物代は馬鹿にならないのでその10%割引してもらえるのは大きいですよ。
もし該当する会社に勤めていらっしゃる方がいたら要チェックです。

デメリット

チャペルが小さめ

こじんまりとしたチャペルなので、大人数挙式に呼ぶことを想定すると少し狭い感じがします。
逆に言えば、少人数で挙式を行うときに寂しさを感じづらいので、呼ぶ人数によって選ぶ必要があります。

デメリットもないが、特筆するメリットがない

全体的に無難に全てを抑えているANAホテル。
そのため、あげるデメリットも少ないですが、ここが決め手!と言えるメリットも少なく感じます。

【ゼクシィ】結婚式場予約 お好みの条件でぴったりの会場が見つかる

ゼクシィnet

ストリングスホテル名古屋

特徴・おすすめポイント

ストリングスホテルは、2018年に建てられた新しいホテル。
そのため、最新設備や施設の綺麗さは群を抜いています。

そして、結婚式を挙げるのにまさにふさわしいポイントが、ストリングスホテルはウエディング会社が運営しています。

そのため、結婚式のために作られているといっても過言ではないほど、ウエディングに特化したホテルの造りになっています。

結婚式をあげる側からしても、安心して行うことができます。

メリット

本格的なチャペル

ホテルに入ってまず、目に入るのは独立型の大聖堂でしょう。
一般の結婚式場ではないか、と錯覚するほど立派な大聖堂がホテルのど真ん中に構えています。

周りには草木が生え、都心にいることを忘れてしまうほど柔らかい自然光に包まれます。

そのほかにも、7つの貸切邸宅や、プライベートガーデン、オープンキッチンや眺望のいいチャペルなど、自分たちの理想の形を作り出すことができる万全の環境。

ウエディングに特化したホテルだからこそできるホテルウエディングです。

写真映えするスポットの多さ

施設見学で驚くのは、まるで映画の主役のような写真を撮ることができるスポットの多さです。

写真を見れば見るほど、引き込まれて、「自分もここで写真を撮ったら…」と想像が膨らみます。

そのため、前撮りだけストリングスホテルを選ぶ人もいるというほど。
特に大聖堂をバックに噴水が上がった瞬間の写真や、特徴的なデザインのホテルをバックに映す写真は映画の中に出てくるシーンを切り取ったよう。

 

結婚式をストリングスホテルであげなくても、前撮りの候補にもおすすめです。

食事の腕前が一番

名古屋の有数ホテルをいくつか回った私たちが感じたのは、ストリングスホテルの食事のおいしさ。

どこよりも群を抜いて美味しいと感じました。

結婚式では、食事も大切なポイントの1つですよね。
だからこそ、おいしさを選ぶ一つのポイントにしてもいいように感じます。

ぜひそのおいしさを一度、試食で試してみて欲しいです。

お肉が無料で食べられるブライダルフェア

デメリット

駅から距離が離れている

ストリングスホテルは名古屋駅から徒歩10分ほど離れています。

また、最寄駅の笹島ライブ駅はあおなみ線という少しマイナー路線です。
そのため、乗り換えも必要になり、他と比べるとアクセスが悪いことはあげざるおえないでしょう。

まだ歴史が浅いホテル

2018年に設立されたばかり、ということもあり他のホテルと比べると歴史はまだまだ浅いです。
そのため実績や、知名度に関しては、他と少し引けをとります。

とはいえ、ウエディング会社が運営していることを考えると、結婚式についてはノウハウをかなり持っていることも感じますので、そこまで心配することはありません。

マイナビウエディングフェア

おわりに

いかがでしたか。
今回は、名古屋の中でも有名なホテルウェディングを紹介させていただきました。
それぞれ違う魅力があるので、
どんな挙式をあげたいのか?何にこだわりたいのか?
によって、結婚式場を選ぶとよいと思います。

気になった場所があれば、ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

 

コメント