スポンサーリンク

【2022年最新】父の日にあげたいプレゼント12選を予算別で紹介

6月の第3日曜日は「父の日」
2021年は6月20日です。

もともと父の日は、1909年のアメリカで、6人の子を育て上げたシングルファーザーを敬愛する末娘が、

「母の日があるなら父の日も」と、牧師協会に嘆願したことが始まりなのだそうですね。
アメリカでは父の日に白いバラを贈る風習がありますが、


日本では黄色がシンボルカラーになり、黄色いバラやヒマワリなどを贈る人も多いですね。
普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを、お父さんに伝えてみませんか。

仕事で疲れているお父さん、これからも仲良くしたい義父さん、そんな色んな父親に素敵なプレゼントを贈りましょう!

今回は私がおすすめする父の日のプレゼントを値段別で紹介します。

スポンサーリンク

1000円から3000円

ビールギフト

お酒好きのお父さんに送りたいのが、ビールギフトですよね。まさに定番ですね!
もちろんスーパーで、コンビニで購入することもできますが、
ビールギフトという形で購入してプレゼントする方が思い出に残すかも!?

おつまみギフト

お酒好きのお父さん、、去年お酒をプレゼントしたしな…という方も多いと思います。
そんなあなたには、お酒のお供である、おつまみを一緒にプレゼントしたらいかがでしょうか?
こちらも、ネット販売で、ギフトセットがたくさんあります。吟味してくださいね!

ゴルフキャップ

コロナ禍の中、ゴルフをする方が増えているようですね。
ゴルフが趣味というお父さんも多いのでないでしょうか?
スパイクや、グローブにはこだわりがあり、あげにくい…そんな時に最適なプレゼントになりますよ!

シートクッション

テレワークが増えて、家でお父さんが仕事をしている!
というご家庭も増えているのでないでしょうか?
わたしもバリバリのテレワーカーですが、やっぱり腰が痛くなる時があります。
そんな時に、ちょっといいシートクッションが欲しくなるものです。
スポンサーリンク

3000円から6000円

ポロシャツ

お父さん世代になるとなかなか自分のために新しく服を買うことが少なくなってしまいます。
そんなお父さんにポロシャツをあげてみましょう。
仕事でも、プライベートでも、お部屋でも違和感なく着用することができます。

スマートウォッチ

スマートウォッチは意外と5,6000円で購入することが可能なのです。
男性はどうしても、最新のメカがすきですから、スマートウォッチのプレゼントは
きっと少年心が思い出させると思います。

甚平服

前述のポロシャツ同様、なかなか自分で服を買うことはなくなってしまいます。
そんな中で、部屋着・寝巻を購入する方はほとんどいないでしょう。
甚平は大人になってから着たい服ですよね。プレゼントを差し上げましょう

首マッサージャー

テレワーク・在宅勤務でお父さんが家にいる時間が増えた
そんなご家庭もきっと多いでしょう。
やっぱり一日中家にいると、肩や首回りが凝っていくんですよね。
お父さんの体を気遣いマッサージャーをプレゼントしましょう。

6000円から10000円

ボストンバック

ボストンバックって一回購入すると、なかなか新しいものを手にするタイミングがないんですよね。
そんなお父さんにボストンバックをプレゼントしましょう。
新しいボストンバックが手に入った時の旅行はとても楽しいですよ。

折財布

財布も、ボストンバックと同様
一度新しいものを購入すると、なかなか次のものを購入する事ができませんよね。
そんなお父さんに新しいきっかけをプレゼントしてみましょう。
財布って毎日持って行くものですよね。毎日がキラキラします!!

電動歯ブラシ

これぞプレゼントの定番ですよね!電動歯ブラシです。
歯ブラシは普段自分で使っているものがあるから、、
となりがちで、なかなか電動歯ブラシの購入するきっかけがないものです。
歯の健康は直接体の健康につながります。

うなぎ

おいしい、ちょっと贅沢したい!そんな日に食べたいもの、それがうなぎですよね。
仕事で毎日疲れているお父さんに、食事でのプレゼントをしましょう。
うなぎ丼を作ってあげてはいかがですか?

おわりに

日本に「父の日」が伝わってきたのは1950年代頃と言われています。
しかし当時は認知度が低く、一般的な行事として広まり始めたのは1980年代に入ってから。
デパートなどの商業施設が販売戦略の一環として父の日を取り上げ、そこから広く認知されていきました。

今回はそんな父の日を特集して紹介しました。

皆さんの父の日のプレゼントに少しでもヒントになれば幸いです。

コメント