スポンサーリンク

【中検3級】一冊で合格できる!おすすめしたい参考書はこれだ!

この記事を目にしたあなたは、

Gさん
Gさん

今度中国語検定受けるんだけど、どんな問題が出るかわからない…

Iさん
Iさん

4級は簡単だったけど、3級は壁が高いって聞くし、どうしよう…

と悩んでいるのではないでしょうか?

今日はそんなあなたの悩みを解決できる参考書を紹介します。

スポンサーリンク

そもそも中国語検定とは?

日本国内において中国語の学習成果を測る指標として最も多く利用されている資格試験です。

中国語検定とHSKの違い

中国語検定は日本語と中国語の相互能力を問う検定試験で、英語で言うと英検のイメージ。中国文化などの知識も必要になるので、受験英語を思い出させられます。

一方、HSKは全世界の人が対象の試験。試験はすべて中国語で行われ、コミュニケーション能力重視の実践力を問う試験であることが特徴です。

・中国語検定(中検)…日本企業でも就職/転職に活かしたい方
・HSK試験…留学/海外移住に活かしたい方

中国語検定の合格率と平均点

・合格率

例年合格者は30%~45%です。上位の級であればあるほど、難易度は上がり、一級だと5%ほどしか合格できません。

・合格基準点

リスニング…65(60)/100
筆記…65(60)/100

( )内の点数は受験者の平均点が低い時に考慮される、いわゆる調整点です。

・平均点

リスニング…55~68/100
筆記…55~60/100

実は過去20回分を見てみると、合格点がリスニングで10点、筆記で10点の合計20点も調整されたことが2回ほどあります。

中国語検定の難易度は?TOEICと比較してどうなの?

中国語検定3級の難易度はTOEIC570点程度だといわれています。

大学の第二言語の学習を2学年分実施したレベルと同様といわれていますね。

中国語検定3級に必要な勉強時間は?

必要な学習時間は1日1時間の勉強で半年~1年(合計約200~300時間)ほどで、

確実に中国語検定3級に合格するためには、傾向をおさえた効果的な学習が必要です

スポンサーリンク

中国語検定3級 おすすめ参考書

でるとこだけ!中国語検定3級合格一直線

・厳選した頻出語句一覧付き
・音声はダウンロードで無料提供(CDやCD-ROM不要)
・28日間の出題ポイント集中学習
・中検3級の合格基準点65点を突破するための項目を解説・練習
・模擬試験1回分

キクタン中国語【初中級編】中検3級レベル

・最新傾向に合わせて896語を収録
・例文の中国語音声も完全収録!
・「耳」と「目」をフル活用して覚える!
・1日16語、8週間のスケジュール学習!
・音声はダウンロードで無料提供(CDやCD-ROM不要)

本気で学ぶ中級中国語

・中国検定3級レベル
・複雑な文法の要点解説
・的確な単語の使い分け/語順ルール
・会話の例文
丁寧な解説と豊富な練習問題を繰り返し練習することで中国語の中級レベルの力が確実に身につきます。

「改訂版 合格奪取! 中国語検定3級トレーニングブック」シリーズ

・合計680問の豊富な練習問題+模擬試験
・中検対策の決定版『中国語検定トレーニングブックシリーズ』
・音声はダウンロードで無料提供(CDやCD-ROM不要)

おわりに

中国語検定3級のレベルは「脱・初心者」が目安になっています。中国語検定4級に合格したから次は3級を受けよう、と思ってもぶっつけ本番では簡単に合格できません。

中国はとにかく発音できることが重要になります。テキスト以外にも、スマホアプリや、動画視聴と利用して対策しましょう。

コメント