スポンサーリンク

彼氏・旦那の両親が毒親だった…私にできることは?

夢みていた幸せな結婚生活。
自分と彼はうまくいっているのに、彼の両親が…

子どもに対して、いきすぎた干渉をしてきたり、暴言暴力で支配する、逆に無関心で関わらない、通称毒親。

そんな両親に悩む彼のために、私ができることってなんだろう?
彼を支えるためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

両親に悩む彼氏・旦那を支えるポイント

彼の話をとにかく聞く

彼が、家族の話をしてくれたときはとにかく聞きましょう。

そもそも、自分の家族の嫌な部分を打ち明けることは相当勇気がいることです。

「話すことで、嫌われないかな?」「めんどくさい家族だな」と思われないかな、と不安な気持ちを抱えながら、打ち明けてくれています。

そんな話を「へーそうなんだ」と軽く流したり、「え!やばすぎ!」とドン引きしてしまったりすると、相手の話す気はなくなってしまいます。

「そうだったんだね」と、とにかく聞いてあげましょう。
彼は話を聞いてほしいのです。

彼の気持ちや意見を否定しない

彼が「もう辛いんだよね」「家族と縁を切りたい」と話してくれたとき「それはやめた方がいいよ!」なんて、否定していませんか?

もちろんあなたの意見もあると思いますが、彼が求めているのは「共感」です。

彼の気持ちをまずは受け止めてあげましょう。

「そう思ったんだね」「それくらい辛いよね」「それは嫌だよね」
そんな言葉が彼の気持ちを和らげます。

その上で、自分の意見を伝えたいときは、彼の話を全部聞いた後で、「私はこう思ったよ」と伝えましょう。

全部話してスッキリした後だからこそ、あなたの意見も彼に届きやすいです。

自分から踏みこみすぎない

「彼が困ってる!なにかしてあげなきゃ!」と思う気持ちはとても素敵なのですが、彼が求めていない場合もあります。

そもそも、彼の両親の問題は彼の問題であり、あなたの問題ではありません。
力になりたい気持ちが強すぎて、踏み込みすぎてしまうと、お節介になってしまいます。

案外、彼は話を聞いてもらうだけでスッキリしていますよ。

「私にできることがあったらいってね」と伝えて、彼が求めてきたらそれに全力で答えましょう。

スポンサーリンク

結論:彼の味方であり続ける

「彼の力になりたい」

そう思っていることがなによりも彼を励まします。

もう関わりたくない、そう思っても縁を切るのがなかなか難しいのが家族の問題。
まずは、悩む彼が自分から話してくれるタイミングを待ちましょう。

話してくれたら、とにかく聞いて、彼の気持ちを受け止めてあげましょう。
それが彼の心を癒す方法です。

コメント