スポンサーリンク

3Aでも導入された「ロボット審判」の課題は?仕組みは?NPBではいつ実現される?

くま
くま

3AでABSシステムが導入されることが話題になっています!

AI審判はプロ野球4大トピックスと呼ばれているうちの一つです。

プロ野球4大トピックスの記事はこちらから!
プロ野球16球団制にするメリットデメリットとは!?
セ・リーグDH制の導入はいつになる?メリットはあるの?
AI審判導入によって野球はどう変わる?
クライマックスシリーズって必要なの?

スポンサーリンク

自動ストライクボール判定システム(ABS)ってなに?

既に独立リーグのアトランティック・リーグやアリゾナフォールリーグで試験的に導入されています。また、韓国プロ野球も2021年8月から2軍戦の約20試合で「ロボット審判」を採用しており、3Aでも導入となれば、おのずと日本も導入する流れになるでしょう。

スポンサーリンク

自動ストライクボール判定システム(ABS)のメリットデメリット

自動ストライクボール判定システム(ABS)のメリット

ジャッジ性能の向上

まずはこちらをご覧ください。

こちらから)

・ストライクゾーンは、カウント3-0のとき広くなり、0-2のときに狭くなる傾向
・ストライクゾーンのコーナーは狭くなる傾向

Gさん
Gさん

え?今のボール?

ということが少なくなりそうですね。

自動ストライクボール判定システム(ABS)のデメリット

天候によって左右させられる

自動ストライクボール判定システム(ABS)は動画を撮影することで、「ボール/ストライク」の判定を実施しています。雨や砂埃が待っている状況だと制度がかなり落ちてしまうようです

アトランティック・リーグでは雨が降った試合は平均得点が7点以上になってしまったようです。

カメラアングルによっては誤診が増える

ABSの精度は「誤差1/4インチ(約6.35ミリ)内」です。しかし最適な条件が整った場合。

前述した天候の条件に加えて、カメラアングルがずれてしまうと、とんでもないボールと誤診してしますケースが増えてしまいます。

こちらの試合では、カメラアングルが不適だったのでは?と噂されている試合。

人間が審判をしている場合「100%ボール」ですよね…

投球からジャッジまでに空白の時間が生まれる

上記で紹介した動画をご覧いただいた方なら、違和感を覚えたでしょう。(まだ見てない方はご覧ください。)

キャッチャーの捕球から、審判のジャッジに時間がかかっていますよね。

これはAI審判のジャッジを審判が確認しているため仕方ないですが、、技術の向上を期待するしかありません。

捕手のキャッチグ技術(フレーミング技術)が不要になる

際どいコースをストライクと判定してもらうための技術「フレーミング」はAI審判の導入によってその価値を失うことになります。 “ロボット審判”には当然ながら人間らしさはありません。

キャッチャーの評価がガラッと変わることになりそうです。

佐々木投手のピッチングへの白井球審のジャッジが話題に

先日、ジャッジに不満を示した佐々木投手とジャッジを下した白井球審がもめる一幕がありました。

AI審判を導入すればこういった一幕もなくなってくるはずですね。

・AI審判は独立リーグ/韓国プロ野球/3Aで導入済みまたは導入予定

・今の審判は試合状況やカウントによって、ストライクゾーンが可変する傾向にある

・AI審判の精度は「誤差1/4インチ(約6.35ミリ)内」

・AI審判は天候やカメラアングルなど最適な条件が整っている必要がある

コメント