スポンサーリンク

2022年DeNAの開幕ローテを徹底予想!開幕投手は!?今年のブレイク枠は!?

くま
くま

ベイスターズの開幕ローテをしっかり予想します!

ベイスターズの2022年の開幕投手・開幕ローテーションを予想しちゃいます!

130以上のスポーツを年間10,000試合以上見放題!
初回1カ月無料!

開幕スタメンも併せて予想しています!

https://kumamitsu.com/2022_baystars_startinglineup/

スポンサーリンク

その前に2021の先発ローテを振り返る

全体の成績は?

こちらから転載)

スワローズはRSAAが-7.3を記録しています。これはセ・リーグの中でも少々低い数字です。

RSAAとは同一リーグの球団に対していくら失点が少ないかを示す数字です。
中でも先発投手陣は-10.2という数字をたたきだしており、補強が必要です。先発陣の投球イニングも最低の数字になっているため、イニングを消化する能力も求められます。

2021のDeNA先発陣の成績は?

今永投手以外はなかなか来季も安定して活躍できる投手がいるか怪しいのが、先発陣です。

補強した戦力がどこまで機能するでしょうか?

スポンサーリンク

2022 DeNAの開幕ローテはこれだ!

開幕カード
1:今永
2:大貫
3:ロメロ
第2カード
4:濱口
5:徳山
6:坂本

開幕投手は東選手で決定

DeNAの開幕投手は東で決定しました。昨年は怪我で出場がありませんでしたが実績のある選手です。

広島の大瀬良投手との投げ合いに期待です。

開幕投手筆頭候補だった今永投手が怪我で離脱

DeNAの先発の中で抜けた成績をたたき出しているので今永投手。任せられるのは彼しかいないでしょう。

近年は怪我が続いているため安定した成績を残せていませんが、今期こそは通年の活躍を期待しています。

残念ながら、今永選手はキャンプ中に故障してしまいました。残念ながら開幕ローテーションには間に合わないでしょう。

野手の主軸であった佐野選手に続き、投手の柱もいなくなるという苦しい事情になりそうです。

ローテの頭は落とせない

今永投手に次いだ成績を残しているのが、濱口投手。しかし他球団の2番手の投手に比べると…といった印象です。オフシーズンの間にさらに一皮抜けてもらい、背負った投手になってもらいたいです。

2021シーズンに比べた上澄みはあるのか?

2021年ドラフト 二位 早稲田大学 徳山 壮磨投手は活躍できるか?

最速151km/hの回転効率の良いストレート

変化球は、カーブ、フォーク、スライダー

制球力はまずまず

といった評価になっています。現時点でまとまっていっる印象です。三振を取る能力があるため、先発ローテには入ってくるでしょう。

新外国人投手を獲得! 

ブルックス・クリスキー投手(27)の獲得

米大リーグのヤンキースとオリオールズでプレーしたブルックス・クリスキー投手(27)の獲得。年俸8千万円プラス出来高払い。

平均95.3mphの4シームにスプリット、(スライダー)を操る右腕。マイナーでは奪三振マシーンだが、MLBでは制球難に苦しみ苦戦している。救援での起用が見込まれているため、先発ローテでの予想は避けました。

おわりに

いかがでしたか?今回は『2022DeNAベイスターズ開幕ローテ』をテーマに投稿しました。

オフシーズンはワクワクして過ごすことができますね!今期こそは涙をのまなくても済みようにしたいです。

 

コメント