スポンサーリンク

【2022DeNA】ベイスターズ開幕スタメン予想!今年はスタートダッシュだ!

くま
くま

今日はベイスターズの2022開幕オーダーを予想していきます!

2021シーズンは序盤の不振に喘いだベイスターズ。外国人選手の合流が遅れたことや、牧選手が本格化が6月以降だった点が要因に挙げられます。

シーズンオフは大型補強に乗り出したベイスターズ。2021シーズンはまさかの6位に終わりましたが、伸びしろははっきりあると思います。2022シーズンの開幕スタメンを予想します!

↓他球団の開幕スタメンも併せて予想しています!気になる方はチェックしてください!

スワローズの開幕スタメンはこちら!
タイガーズの開幕スタメンはこちら!
ジャイアンツの開幕スタメンはこちら!
カープの開幕スタメンはこちら!
ドラゴンズの開幕スタメンはこちら!
DeNAの開幕スタメンはこちら!

スポンサーリンク

その前に2021年の打線を振り返ろう

くま
くま

今年のベイスターズはキャッチャーに苦しみました。

(こちらからの転載)

セリーグ平均から見るとセリーグ3位とまあまあな結果に。ただし実情をみてみると、弱点は明らかです。

wRAAとは同一リーグのチームに比べてシーズンで何点多く取れるかの数値。
数値がマイナスになっているポジションはたったの3つ。しかしながら、キャッチャーのマイナス面とショートのマイナス面は非常に強く、双方ともセ・リーグで最下位に沈んでいます…。

2021のベイスターズ基本オーダー

1番 桑原 将志     .310 14本
2番 柴田 竜拓   .234 2本
3番 佐野 恵太   .303 17本
4番 オースティン  .303 28本
5番 宮﨑 敏郎   .301 16本
6番 牧 秀悟    .314 22本
7番 ソト      .234 21本
8番 伊藤 光      .213 2本

 

くま
くま

実際の数値に表れていますが、迫力のある打線ですよね。

スポンサーリンク

2022年の横浜DeNAの開幕スタメンはこれだ

1 中 桑原 将志
2 左 佐野 恵太
3 右 楠本 泰史
4 二 牧 秀悟
5 三 宮﨑 敏郎
6 一 知野 直人
7 遊 柴田 竜拓
8 捕 戸柱 恭孝
9 投 東 克樹

予想オーダーはこちら

1番 桑原 将志
2番 柴田
3番 オースティン
4番 牧 秀悟
5番 宮﨑 敏郎
6番 神里
7番 ソト
8番 伊藤 光     

オーダーのポイントは!?

DAZN

ソト選手・オースティンの去就が不明

DeNAの強みである、ソト選手・オースティン選手の両外野手が来シーズンも契約を延長して結べるか、怪しいところです…

くま
くま

特にオースティン選手はチームの4番を打つことが確実ですからね

どうやら来期も残ってくれそうです!!!年俸2億円の3年契約です。オリンピックでは代表の4番を打ちメジャー挑戦も考えられましたが、どうやら2022までチームのために貢献してくれるようです。

DeNAに吉報 オースティンと新たに3年契約 9000万増の2億円でサイン/デイリースポーツ online
 DeNAは22日、タイラー・オースティン外野手(30)と来季の契約を結んだことを発表した。年俸は9000万増の2億円。新たに3年契約を結んだ。(金額は推定) 来日2年目の今季はコロナ禍で来日が遅れ開幕に間に合わなかったが、107試合に出場。規定打席に4打席足りなかったものの、打率・303、28本塁打、74打点をマーク...

宮崎選手のFA宣言は?

今年は宮崎選手がFAを迎えます。いま球界のサードはレベルが非常に高いので、FA宣言sいてもなかなかいい提示はないかもしれませんが、それでもソフトバンクが手を挙げる可能性はありますよね。

くま
くま

間違いなくチームには必要な選手ですよね

宮崎選手も残留が決定しました!なんと6年総額12億円プラス出来高払いの契約です。

DeNA宮崎、6年総額12億円 国内FA行使せず残留
今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留したDeNAの宮崎敏郎内野手が25日、横浜スタジアムで契約更改交渉し、6年総額12億円プラス出来高払いでサインした。大型契約を結び「すごい契約をしてもらった。より一層頑張らないといけない」と引き締まった表情で話した。今季は2年連続の3割台となる打率3割1厘、1...

牧選手の2年目のジンクスは?

2年目のジンクスについて聞かれた、牧選手は以下のように語っている。

「いや、正直めちゃくちゃ不安ですよ」

「1年目が出来すぎだったので大丈夫かなという思いはあるんですけど……ただ、すべてを見直し、初心を忘れなければ大丈夫だと思っています。まずは自分のことよりもチームのためというスタンスを忘れずに頑張っていきたいです」

筆者の意見としては、牧選手はケースバッティングができるバッターがあり、そうした選手は調子ははっきりと崩す心配が少ない印象である。来季も今期同様の活躍を期待してもよいかもしれませんね。

現時点で牧選手が4番で起用されることが明らかにされています。

ショート・キャッチャーのレギュラーは誰?

やはりポジション別の弱点はショートとキャッチャーです。来季のレギュラーは一体に誰なんでしょう?

ショートは期待の若手 森 敬斗で決まり?

本命はファンの期待もあつい、森選手でしょう。一年目こそ少ない打席の中で打率.250を記録し期待された今年は2割を下回る結果になってしまいました。ただ、2軍でも活躍を見る限り、活躍するのも時間の問題だと思っています。

くま
くま

残念ながら森選手が出遅れることは確実になりました

ただし、一年間戦く体力があるかは正直に言って不安が残ります。やはり今期もレギュラーとして活躍した柴田選手もフォローに入るでしょうね。

さらに 楽天から戦力外通告を受けていた球団OBの藤田一也内野手(39)の獲得も発表しました。どちらか二人の選手が怪我した場合は一軍に呼ばれてバックアップに入るでしょう。

正捕手は!?誰だ?

正捕手は伊藤選手か戸柱選手のどちらかになるのか?それとも併用になるのか?というところでしょうね。

やはり現状は決め手に欠けるので、併用ということになりそうです…

来シーズンは併用でシーズンをしのぎ切り、来シーズンFAが確実の森選手の獲得も視野に入れていると思います。

新外国人選手はどんな選手がくる?

来季の新守護神候補として前オリオーズの、ブルックス・クリスキー投手を獲得するようですが、野手は現有戦力のままで行くようです。

ノンテンダーの選手は獲得は?外野手はこれ以上必要?

日本ハムファイターズの稲葉GMは「3選手(西川/秋吉/太田)と来季以降のプレー環境について協議した結果、選手が取得した権利を尊重し、ノンテンダーとすることを選択しました。選手にとって制約のない状態で、海外を含めた移籍先を選択できることが重要と考えた結果です」とコメントしています。

なんと、太田選手を獲得するのが決定しました!今シーズンは76試合に出場し39安打、打率.204と苦しんだ太田選手ですが、もともとは3割20本を狙えるバッター。

チームにはオースティン・佐野・桑原というレギュラーが固まっていますが、オースティン選手が下がった後の選手としては満点の補強ではないでしょうか?

ノンテンダーで大田泰示はDeNAお互いにとっていい契約だと思います【デーブ大久保 さあ、話しましょう!】(週刊ベースボールONLINE) - Yahoo!ニュース
 プロ野球選手というのは個人事業主なのです。ですから自分で自分を売ることも必要です。先日、日本ハムからノンテンダーになった大田泰示がDeNAと契約したというニュースが入ってきました。年俸は5000万

おわりに

いかがでしたか?今回はジャイアンツの2022スタメンオーダーを予想しました。

冒頭でも述べましたが、今年はシーズン後半の失速が目立った1年となってしまいました。

主軸の代わりの選手がカギになるはずです!

↓パリーグの開幕スタメンも予想しています!ぜひご覧ください!

バファローズの開幕スタメンはこちら
マリーンズの開幕スタメンはこちら
イーグルスの開幕スタメンはこちら
ホークスの開幕スタメンはこちら
ファイターズの開幕スタメンはこちら
ライオンズの開幕スタメンはこちら

130以上のスポーツを年間10,000試合以上見放題!
初回1カ月無料!

コメント